いぼ痔の症状と治療法

いぼ痔は恥ずかしい!?

あるとき急にお尻に痛みを感じ、恐る恐る触ってみると何だかおできみたいなものができてる…。

これって俗に言ういぼ痔!?

いぼ痔って中年のおじさんがなるようなものじゃないの!?
痔って治すには手術をしければいけないって聞いたことがあるけど!?

これが私にいぼ痔ができたときに思った正直な感想なのですが、今にして思うと非常に偏見に満ちた考えで恥ずかしくなります。。(全国のおじさま方申し訳ございません。)

私の場合周りの友人などから、痔に関する悩みは聞いたことがなかったので周りの中では私だけが痔になったと思い込んでいました。

そのためどうしても恥ずかしくて誰にも相談することができず…。

病院にも行った方がいいのかと考えましたがそれさえも恥ずかしくてすることができませんでした。

だって病院に行くってことは、お尻をそのままさらけ出すってことですもんね?

最近知ったことでは、病院によってはそんな患者さんの気持ちを汲んでか、口頭で症状の説明をするだけでお薬を出してくれるところもあるようなのですが、もう全てに関して無知でございました。

意外と多かったいぼ痔経験者

いぼ痔の悩みを相談することもできず、具体的な治療もせず、かといってその痛みも中々引いてはくれませんでしたので、あるとき思わず友人たちの前で自分がいぼ痔であることを告白してしまったことがあります。

ちょっと引かれたかな?と思いつつ他の人の話を聞いてみると、意外なことに「私もなったことあるー。」という人が多かったことに非常にびっくりしました。

そう言っていた人が何とそのグループの8割方ということからも、意外と結構多くの人がかかるものなんだと何だか秒に安心してしまったことを覚えています。

「痔になった」とは多くの人が恥ずかしくて言えないものですので、実際に自分がなってしまうと、「やばい。もしかして私だけ…。」とどうしても多くの人が思いがちになってしまうと思います。

しかし若い人年を重ねた人、そして男女関係なく痔というものはできるときにはできるものです。

そのため「私だけじゃないんだ!」とまずは思えることが、その先の治療にも必ず良い効果をもたらすこともあると思いますので、この私の体験談から是非そのことをまずは知っていただければと思います。

1日1分で痔から解放される!【痔獄からの解放】“全額返金保障付”