いぼ痔になった原因

いぼ痔の原因は何?

いぼ痔の治療をするにはまずその原因から!

ということで正しいいぼ痔の治療をするために、どうしていぼ痔ができるのかという原因を少し見ていきましょう。

いぼ痔のあの突き出た部分は静脈の血流が滞り、血が一部分に溜まってしまった状態のものとされています。

ホースの両端の口を閉じ、そこに水を流していったときのことを想像すると分かりやすいかもしれません。

このいぼ痔の状態は便秘気味のときに無理していきんだり、タバコを吸うことによって血管が縮まったときなどによく起こるとされています。

私の場合は喫煙はしませんが、確かに便秘気味のところがあります。

その他にも食生活やその他の生活習慣などの悪さなどもも原因となることがあるのですが、これらに関しては完璧に行っているという人の方が少ないでしょうので、あまり参考にはならないかもしれません。

逆にどんなに気をつけていても、できてしまうときにはできてしまうと考えておいたほうが気が楽になると思います。

このいぼ痔は先程言ったとおり、血が溜まってしまうことでできてしまうものですが、同時に炎症も引き起こしますので、その痛みは結構なものとなります。

排便をしたときなどに紙を使用するのも苦痛となる場合がありますので、ウォッシュレットなどはまだ痔になったことがない人でも用意はしておいた方が良いかもしれません。

またできてしまったいぼ痔は温めると良い、とされていますので温水が出るようなタイプだとさらに良いかもしれませんね。

1日1分で痔から解放される!【痔獄からの解放】“全額返金保障付”