出産と妊娠中のいぼ痔の関係

出産と妊娠中のいぼ痔の関係

女性にとって妊娠中、もしくは出産後にいぼ痔にかかってしまう人が非常に多くいらっしゃいます。

これは妊娠中には便秘になりやすいという理由や出産時のいきみによっていぼ痔をさらに悪化させやすいという理由があるのですが、妊娠中や出産という非常に大きな責務を果たさなければならない女性にとっては非常に辛いものとなっています。

出産の苦労が終わってさらにいぼ痔にかかって苦しむなんて想像しただけでも嫌になってしまいますよね。

いぼ痔の場合外側にできるものと内側にできるものがあるのですが、外側にできてしまうものの場合には塗り薬を使用するなど比較的簡単に治療はすることができます。

産婦人科にとっては妊婦さんのいぼ痔は決して珍しいものではありませんので、ほとんどの場合いぼ痔にかかったとしても適切に処置してくれるでしょう。

また内側にできてしまった場合でも薬を使用しない範囲で様々な治療を施してくれるところも多くなっているようです。

妊娠中や出産時だけでなく、出産後にもいぼ痔にかかってしまう人も多いようですが、これも決して珍しい症状ではありません。

女性にとっては特に痔などは恥ずかしくて病院などに行けないと考える方も多いようですが、妊娠中、出産後の痔は決して珍しいことではありませんので、いぼ痔を悪化させてしまう前に恥ずかしがらずに専門医の方に診てもらうようにしましょう。

1日1分で痔から解放される!【痔獄からの解放】“全額返金保障付”