痔には絶対手術が必要?

いぼ痔ができたら手術?

「痔になったら手術を受けなければ治らない。」

このように考えている人は私も含めて多くいると思います。

そんな間違った考えが、実際に痔になってしまったときの何と言いますか、絶望感に似たような感情をもつ原因とってしまうような気がします。

しかし、まずいぼ痔が肛門の外側に出来てしまった場合。

このときはほとんど手術は行われることはなく、座薬や塗り薬で治療を進めていく場合がほとんどとなっています。

いぼ痔になる人の大半はこの外側にできるタイプのものとなっているらしいですので、ちょっとほっとした方も多いのではないでしょうか。

このタイプのいぼ痔に慣れた人だと、「あー、またか。」といった感じで、薬局で買ってきた薬を塗る程度で済ませてしまう方も多いようです。

しかし、注意しなければならないのは腸の内側に出来るタイプのいぼ痔です。

このタイプのいぼ痔は場合によっては手術が必要となってくる場合があります。

腸の内側にいぼ痔ができたときには、ちょっといきんだときや排便のときなどにこぶの部分が肛門の外側に飛び出てくることがあります。

この飛び出たものが自然に元の位置に戻る場合はいいのですが、自然に戻らず自分の手で戻さなければならなくなる段階となってくると手術が必要となってしまうことが多くなっています。

このままの状態で放って置いてしまうと、完全にいぼ痔の部分が飛び出た状態となってしまいますので、必ず早めに診察を受けるようにしましょう。

内側に出来るタイプのいぼ痔は痛みを伴わないことが多いので、自分で自覚するのは難しい場合がありますが、排便の際に出血をする、肛門部分に何か違和感を感じるなどの症状が出た場合には、まずは専門医に相談してみることをお勧めします。

発見が早ければ早いほど、治療に掛かる期間も短くなることが多くなっています。

1日1分で痔から解放される!【痔獄からの解放】“全額返金保障付”